一般社団法人設立手続き

設立登記の必要書類

設立登記申請に必要な書類 一般社団法人は、主たる事務所の管轄法務局に登記することで成立します。 設立登記申請に必要な書類は以下の通りです。 △は設置していない場合は必要ありません。 登記申請書 定款(公証人の認証済みのもの) 設立時社員の決議書(事務所所在地等を決議したもの) 設立時代表理事の選任に関する書面 設立時理事、設立時監事△、設立時代表理事の就任承諾書 設立時理事の印鑑証明書 登記すべき…

タグ

一般社団法人設立手続きの流れ

1.定款の作成 社員2名以上が、設立する一般社団法人の定款を作成します。 2.定款の認証を受ける 設立する都道府県内の公証役場で、社員が作成した定款の認証を受けます。 3.設立登記書類の作成 設立登記申請書と添付書類を作成します。 4.設立登記の申請 法人の主たる事務所を管轄する法務局に登記の申請をします。申請した日が一般社団法人の設立の日になります。 5.設立登記完了 登記事項証明書、法人の印…

タグ

一般社団法人設立の要件

一般社団法人設立の主な要件 法人の名称中に『一般社団法人』という文字を使用する。 一般社団法人であることを明確にするため、法人名は「一般社団法人○○」または「○○一般社団法人」と名称の前か後に『一般社団法人』という文字を使用しなければなりません。 ほとんどの法人が前において「一般社団法人○○」という法人名としています。 定款の認証 一般社団法人を設立するためには、定款を作成し、公証人の認証を受け…

タグ