一般社団法人とは

一般社団法人とは

一般社団法人とは

一般社団法人とは、営利を目的としない非営利法人の中で"人の集まり"に対して法人格を与えるものです。2名以上の「社員」が集まって設立の登記をすることによって成立する法人です。

この2名以上という要件は設立時のもので、設立後に社員が1名だけになっても、その一般社団法人は解散しません。
ただし、社員が1名もいなくなったときは一般社団法人は解散することになります。

会社などの法人も社員になることが出来ますし、未成年者や外国人であっても社員となることが出来ます。


非営利法人の意味

「非営利法人」とは、法人の利益を構成員に分配しない法人のことをいいます。
「非営利」とは、事業で利益を出してはいけないということではなく、「事業で利益を出してもかまわないが、分配してはいけない」という意味です。
例えば、株式会社であれば、会社が利益を出したら、それを株主に配当することができますが、一般社団法人では、この配当を行ってはいけないのです。

「利益を分配してはいけない」ということから、もうひとつ誤解されがちなのが、給与や報酬についてです。
法人経営や労働の対価として、「給与」や「役員報酬」を受けることはできます。
法人の収入から給与や報酬をもらい、その他事業にかかった経費を払って、最終的に残った利益は分配してはならないというだけなのです。
給与や役員報酬は、構成員への分配には当たりません。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
ハイク行政書士法人
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~金曜日)
お問い合わせボタン

タグ

関連記事