社員とは/役員とは

社員とは/役員とは

一般社団法人の「社員」とは

「社員」というと、一般的には会社員、つまり会社の従業員のことを指しますが、
一般社団法人でいう「社員」は従業員のことではありません。

社員とは、一般社団法人における構成員のことで、総会で議決権を有し、法人の運営に参加する人のことを言います。
法人の運営に参加するといっても、実際にそれを行うのは理事などの役員で、社員は法人の重要事項(決算の承認や役員の選任解任、定款変更など)を総会を通じて決める役割を持ちます。
株式会社でいう「株主」と似ている役割とイメージするとわかりやすいかもしれません。
株主は株主総会で議決権を行使して役員の選任や決算の承認などを行うのとほぼ同様です。

一般社団法人では、設立時に2名以上の社員が必要です。

この2名以上という要件は設立時のもので、設立後に社員が1名だけになっても、その一般社団法人は解散しません。
ただし、社員が1名もいなくなったときは一般社団法人は解散することになります。

役員が社員を兼ねることも可能です。

未成年者や外国人であっても社員となることができます。また、法人も社員になることができます。


一般社団法人の「役員」とは


一般社団法人で役員とは、理事と監事のことを指します。
理事は必ず置かなくてはならず、監事は法人ごとに任意です。

    理事
    会社でいう「取締役」のような役割で、法人の運営・経営をする人のことです。
    最低1名必要です。(非営利型社団法人では3名以上必要)
    理事の中から、法人の代表者である代表理事を選任します。
    監事
    会社でいう「監査役」のような役割で、決算の監査、理事の法人運営が法令等に反していないか監視する役割があります。
    会計の知識や資格がなくても監事にはなれますが、できれば知識はある方のほうが望ましいでしょう。
    非営利型社団法人では最低1名必要です。非営利型でなければ、監事の設置は任意です。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
ハイク行政書士法人
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~金曜日)
お問い合わせボタン

タグ

関連記事