一般社団法人とNPO法人、会社との違い

一般社団法人とNPO法人、会社との違い

一般社団法人 NPO法人 株式会社
事業内容 事業内容に制限なし 非営利活動 営利事業
設立者 社員2名以上 社員10名以上 発起人1名以上
役員 理事1名以上

※非営利型法人の場合、 理事3名以上
理事3名以上、監事1名以上 取締役1名以上
資本金 0円~ 0円~ 1円~
設立手続き 登記 所轄庁認証+登記 登記
設立期間 1~3週間 5~6か月 1~3週間
設立法定費用 11.2万円 0円 約24万円
毎年の報告 不要 毎年事業報告書を所轄庁に提出 不要

一般社団法人の特徴まとめ

一般社団法人とNPO法人・株式会社と比較して、特に設立時についての違いをまとめてみました。

  • 一般社団法人は、NPO法人と比較すると、設立時に必要な人数(設立者・役員)が少なく、設立期間が短いのが大きなメリットです。
  • NPO法人は設立後毎年事業報告の義務があるほか所管の役所の監督を受けますが、一般社団法人は事業報告や役所の監督を受けることはありません。(許認可が必要な事業は除く)
  • 設立費用に関しては、NPO法人よりはかかりますが、株式会社よりは少なくてすみます。
    ※上記金額は、ご自身で手続きした場合で、専門家に依頼した場合の報酬等は含まれておりません。

以下に、より詳しくまとめてみました。長くなってしまいましたので、全部見るのは少し大変かもしれません・・・。表を見て不明な点だけチェックしてみてください。

事業内容

一般社団法人

一般社団法人は事業内容に制限はなく、営利事業も非営利事業も行うことができます。

NPO法人

NPO法人は、主な目的が特定非営利活動でなくてはなりません。また、事業の対象は、不特定多数の人に開かれていなければなりません。会員のみを対象とした活動であったり、特定の個人・団体のみを対象とした活動は、特定非営利活動にはあたりません。

株式会社

株式会社は営利事業を行うことが基本です。

設立に必要な人(設立者・役員)

一般社団法人

一般社団法人は設立者として社員2名以上いることが必要です。また、役員は理事1名が最低限必要です。(非営利型一般社団法人の場合は、理事3名以上、監事1名以上。) 社員と役員は兼ねることができますので、最低人数は2名(うち1名以上は理事)となります。

NPO法人

一般社団法人は設立者として社員10名以上いることが必要です。また、役員は理事3名以上、監事1名以上が必要です。 社員と役員は兼ねることができますので、最低人数は10名(うち理事3名監事1名)となります。

株式会社

株式会社は発起人1名、取締役1名が最低人数です。発起人と取締役は兼ねることができますので、同じ人が発起人になり取締役にもなる場合、最低人数は1名です。

設立時に必要な資金(資本金)

最低限必要な資金(資本金)としては、実質的にはどの法人形態でも大きな違いはありません。

一般社団法人では、「基金」を設けて資金を募ることもできます。

設立手続きと費用

一般社団法人

一般社団法人は、登記することで設立します。費用は法定の実費分として11万円程度です。 設立期間は準備~設立完了まで1~3週間程度と比較的短期間で設立可能です。

NPO法人

NPO法人は設立費用は0円なのが大きな魅力ですが、設立期間が3~5か月程度(スムーズにいかないともっとかかる場合有)と、長期間になってしまいます。

株式会社

株式会社は設立費用約24万円、期間は一般社団法人と同じく1~3週間程度です。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~土曜日)
お問い合わせボタン

タグ

関連記事