社団と財団の違い

社団と財団の違い

一般社団法人は、「人の集まり」を法人としたものです。2名以上の設立者(社員といいます)が「○○(目的)を行うための法人を作ります!」と決め、所定の手続きを経て設立します。

一方、一般財団法人は、「財産の集まり」を法人としたものです。

設立者(1名以上)が300万円以上の財産を拠出して設立された法人で、拠出された基本財産を運用して事業を行います。
「この財産を利用して●●(目的)を行うための法人を作ります!」と決め、所定の手続きを経て設立します。
拠出された財産を維持・運用する人(機関)として、法人の意思決定をする評議員(会)があり、 法人を経営する人として理事を、その監査役として監事を選任し、法人経営を委任します。

以上は概念としての違いです。
わかりやすく説明したつもりではありますが、少しわかりづらいかもしれません。

具体的にどう違うのかについて、以下にまとめてみます。

具体的な社団と財団の違い

一般社団法人 一般財団法人
事業目的 営利、非営利事業ともに可 営利、非営利事業ともに可
事業目的の変更 不可(定款に変更できる旨を定めている場合に限り可)
設立者 社員2名以上 設立者1名以上
役員 理事1名以上

※非営利型法人の場合、 理事3名以上、監事1名以上の計4名
評議員3名以上、理事3名以上、監事1名以上の計7名
拠出財産 0円~(基金制度を設けることもできる) 300万円以上
拠出財産の返還 基金;返還義務あり 返還不可

違い1・役員

大きな違いの1番目として、役員の人数があげられます。

一般社団法人は、理事1名で設立可能です。(非営利型法人の場合は理事3名以上、監事1名以上の計4名。)

一般財団法人は、評議員3名以上、理事3名以上、監事1名以上の合計7名が最低限必要です。
なお、設立者は、社団の場合最低2名、財団の場合最低1名必要ですが、役員(理事または監事または評議員)と兼ねることができます。

違い2・財産の拠出

2番目の違いは、財産の拠出が必要かどうかという点です。

一般社団法人は、財産の拠出は不要で、基金(返還の義務あり)を設けることもできます。

一般財団法人は、目的の事業を行うために不可欠なものとして300万円以上の基本財産が必要で、拠出された財産は一切返還が出来ません。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
ハイク行政書士法人
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~金曜日)
お問い合わせボタン

タグ

関連記事