一般社団法人とは

一般社団法人の基金とは

一般社団法人は、設立に際して財産の拠出が必須ではありません。 ただし、活動の原資となる資金調達の手段として、「基金制度」があります。 基金は絶対に必要なものではなく、 基金の設置・非設置は法人が任意に定めることができます。 「基金」とは、社員や社員以外の人から財産の拠出を受け、法人の基礎財産となるものです。 基金の拠出者の地位は、一般社団法人の社員たる地位とは直接関係ありません(株式会社における株…

タグ

税制の優遇がある非営利型一般社団法人とは?

一般社団法人は、営利事業も非営利事業も幅広くいろいろな事業を行うことができる法人形態です。 税金面では収益事業のみ課税される「非営利型一般社団法人」 と 全ての所得に課税される「普通の一般社団法人」に分けて、課税があるかどうかが決められています。 非営利型一般社団法人 税務上の優遇 非営利型の一般社団法人は、税務上の「収益事業」にのみ課税され、収益事業に該当しない事業には課税されません。 法人税法…

タグ

一般社団法人の事業・活動の事例

一般社団法人は、事業内容・活動内容に制限がありません。 公益的な事業、共益的な事業、収益的な事業を行うことが可能です。 具体的には、以下のような活動・事業を行う団体が一般社団法人を活用しています。 ボランティア団体 サークル・同好会活動や趣味団体 同業者団体、業界団体、同窓会など共益を目的とする団体 地域振興団体 学術団体、研究団体、環境保護団体、福祉団体などの公益を目的とする団体 検定認定団体 …

タグ

社員とは/役員とは

一般社団法人の「社員」とは 「社員」というと、一般的には会社員、つまり会社の従業員のことを指しますが、 一般社団法人でいう「社員」は従業員のことではありません。 社員とは、一般社団法人における構成員のことで、総会で議決権を有し、法人の運営に参加する人のことを言います。 法人の運営に参加するといっても、実際にそれを行うのは理事などの役員で、社員は法人の重要事項(決算の承認や役員の選任解任、定款変更な…

タグ

社団と財団の違い

一般社団法人は、「人の集まり」を法人としたものです。2名以上の設立者(社員といいます)が「○○(目的)を行うための法人を作ります!」と決め、所定の手続きを経て設立します。 一方、一般財団法人は、「財産の集まり」を法人としたものです。 設立者(1名以上)が300万円以上の財産を拠出して設立された法人で、拠出された基本財産を運用して事業を行います。 「この財産を利用して●●(目的)を行うための法人を…

タグ

一般社団法人とNPO法人、会社との違い

一般社団法人 NPO法人 株式会社 事業内容 事業内容に制限なし 非営利活動 営利事業 設立者 社員2名以上 社員10名以上 発起人1名以上 役員 理事…

タグ

一般社団法人の特徴(メリット・デメリット)

一般社団法人設立のメリット さまざまな事業を行うことができる 一般社団法人が行うことのできる事業内容は、原則として制限はありません。 非営利事業、公益事業を行うことも、営利事業、収益事業を営むことも出来ます。 また、共益的事業(会員の利益を図る活動)を行うことも可能です。 ・NPO法人は、主な事業は非営利事業でなければなりません。 ・会社は、原則として営利事業です。 設立の手続きが簡単で、比較的短…

タグ

一般社団法人とは

一般社団法人とは 一般社団法人とは、営利を目的としない非営利法人の中で"人の集まり"に対して法人格を与えるものです。2名以上の「社員」が集まって設立の登記をすることによって成立する法人です。 この2名以上という要件は設立時のもので、設立後に社員が1名だけになっても、その一般社団法人は解散しません。 ただし、社員が1名もいなくなったときは一般社団法人は解散することになります。 会社などの法人も社員…

タグ